強い家をつくるために

安全性能 安全性能

地震や台風、火災などの災害から、住む人の生命・財産を守る安全性能は、住宅に求められる最も重要な性能と言えます。その要となるのが強い構造体です。
クレバリーホームは独自のSPG構造をさらに進化させ、SPGモノコック構造を開発。
構造部材の性能向上、設計・施工品質の均質化、劣化軽減策の実施など、先進的な技術を結集し、20年後も30年後も快適な暮らしを守る強い家をつくります。

耐安全性能

耐安全性能

いつか起こる地震への備えを万全にすることが、地震大国日本の家づくりの必須条件です。

クレバリーホームは、お客様にお届けするのと同じ建物を使用した6回の実物大振動実験を行い、阪神・淡路大震災の2倍以上の振動を繰り返し加えても、しっかりと耐えること、躯体の歪みや外壁タイルの剥離がないことを確認ています。

耐安全性能

耐震性

耐震性

長所をハイブリッドしたSPGモノコック
構造で、さらに強い躯体を手に入れました。

地震に強い家は、単に剛性を高めるだけでは実現できません。構造体に対して、応力が集中する部分を可能な限り分散させることが大切です。
クレバリーホームでは、通し柱を通常の4倍にしたSPG(ストロング・ポスト・グリッド)構造に、強固な6面体のモノコック構造をプラス。建物にかかる負荷をバランスよく受け止めて、地震に強い木造住宅を実現します。
設計自由度が高く、敷地の形やご希望の間取りに対応しやすい木造軸組工法と、耐震性能に優れ、気密・断熱性の高いツーバイフォー工法。この2つの工法を組み合わせたのがハイブリッド工法です。

高品質素材

高品質素材

素材を厳選した高強度エンジニアリングウッドとオリジナル金物で、耐震性をさらに高めました。

どれだけ強固な構造設計も、安定した部材品質と施工精度が維持できなければ本来の性能を発揮できません。 クレバリーホームでは、欧州産レッドウッドを使用したエンジニアリングウッドを主要構造材に採用。さらに、軸組工法の要となる接合部にも独自設計の金物を導入し、どの一邸も設計どおりの性能を追求しています。
主要構造材として、無垢材の約1.5倍の強度を誇るエンジニアリングウッドを使用し、家全体を強固に接合する、高精度HSSオリジナル金物を採用しています。

高品質素材

耐久性

耐久性

建物を支える強い基礎構造と徹底した劣化軽減策が、快適な暮らしを守りつづけます。

SPG構造による強固な骨格を支え、その性能を最大限に発揮させるために基礎や床構造にも剛性の高い工法を採用しました。さらに、建物全体の湿度対策や防腐・防蟻対策など、住宅本来の強さや快適な居住性を守る劣化軽減策も徹底しています。
②腐朽菌や白蟻にも侵されない鋼製束
①全面に鉄筋を配したベタ基礎にも対応。建物の重量を面で支えることができるため、軟弱地盤に対しても有効です。

耐火防火性

耐火防火性

二重構造の耐火外壁とファイヤーストップ構造で、万が一の火災を最小限に食い止めます。

火災が起こりうる以上、万が一の火災をどれだけ小さく食い止められるかが問われてきます。クレバリーホームは、二重構造の耐火外壁とファイヤーストップ構造で火災に備え、外からの炎も内側の炎もブロックして万一の延焼を最小限に抑えます。
延焼を防ぐファイヤーストップ構造と防火性能に優れた素材で、大切な資産をしっかりと守ります。

耐火防火性